maminkaのブログ

毎日書くのを目標に

さしみ食わせろ

次女が咳が止まらないせいか、まとめて寝ることができず、ずっと付き添っていて何もできず夜があけた。



朝銀行へ行ったら、「さしみ食わせろ」と力強く書いてある習字があって、思わず笑った。


近づいて見てみると、書いた子の写真と、何やらコメントが書いてあるので読んでみたら、この習字は小児がんで亡くなった子供が、入院中に大好きなさしみが食べたくても食べられなくて書いたものだった。


他にも、小児がんで亡くなった子供たちの絵なんががたくさん飾ってあったけど、さしみ食わせろの文字が1番印象に残った。



すごくすごく食べたかったんだろうな。

お母さんのコメントに、よく先生に食べていい?と聞いていたとあった。



娘たちがもし病気になったらと考えただけで、胸が苦しくなって泣きそうになった。



この展示は保険会社がしていたものだったらしく、あまりにマジマジ見ていたからか、保険のアンケートを書くように頼まれたが断った。


この大事なメッセージを保険加入へのいい餌に使われてる気がして、勝手に少し腹が立った。



小児がんを患っている子供たちへの募金のための展示だったらよかったのに。